落ち込んでいる時、支えになっている人がいる強さ

落ち込んでいる時、支えになっている人がいる強さ

支えてもらえる人がいると立ち直りも早い

落ち込んでいる時、誰かに支えてもらたいと思うのではないでしょうか。

何かショックなこと、仕事がうまくいかなかったり、上司に叱られたり、そういう外的な要因から、自分の体調が悪い為、思うようなことが出来なくて、自分にがっかりしたり、身近な人に、言わなくてもよいことを言って、悪い感情のぶつかる言い争いをしたりする、内面の要因まで、落ち込むことは普段たくさんあります。

自分ががっかりしている時に、自分一人で閉じこもっていると、本当にさみしくなり、余計に立ち直りが遅くなります。半面、自分の落ち込んだ状態を分かって、支えてくれる人がいると、立ち直りも早く、早く落ち込んでいる状態を回復します。

支えてくれる人は、落ち込んでいることの話を聴き、その話を否定せずに聴いてくれますよね。そうゆう相手に落ち込んだ自分の状態を回復してほしいと思って、話していくと思います。話を聴いてくれることで、癒されて、自分のマイナスが徐々に無くなっていきます。心を許せる相手に、話をして癒されたいと自然に癒される人を探します。

支えてくれる人は強い

支えてくれる人は、自分のことのように聴いてくれます。もしかして、自身の体験により、相手の落ち込みは小さく感じて、そんなちっぽけなことで悩んで、と思うほどの悩みかもしれません。

その人自身も、色々な悩みを持っていて、自分も落ち込んでいるんだよ。と話したくなるかもしれません。特に悩みを打ち明けたら、そんなこと、自分の方がもっと大きいことで悩んでいるよ、そんな落ち込むのはおかしい、などと、相手の悩みを過小評価するような発言をしたら、落ち込んでいる相手は、癒されず、この人は話をきいてくれないと判断するでしょう。

話を聴いて、支えてくれる人は、相手より、より大きな心を持ってなくては、支えて癒すことは出来ません。これは男女問わずです。人生を重ねた人の方が、より強い人である傾向が多いでしょう。

悩んでいて、自分のことでいっぱいになるのは心が弱いことです。辛いことを辛いから自分は立ち直れない、落ち込むに値するというのが長く続くのは自分の弱さが強化されてしまいます。これを回復するにはどうすればいいでしょうか。

悩んでいるあなたも自分のことに頭をいっぱいにならないで、相手の人のことを考えれる人になれば、自分の悩みから気持ちを持ち直すことが出来ます。自分の弱さを克服することにつながります。支える人になるようにしましょう。

分かれ道

支えれる人になるのは

誰かを支える人になれるには、自分のことだけに目を向けずに、いつも誰かを支えれる人になれるような気持ちを持ちましょう。他の人のことをよく見て、相手のことを考え、どうすれば支えになれるか探すようにしましょう。

支えになれる人は強い人です。人は癒されたいと思っています。人のことを考えると、自分の落ち込みがあっても、そんなことを言ってられないと、すぐ思い直すことが出来ます。ボランティアをしている人なども、自分の利益に目を向けず、相手の福祉を考えて行動しています。人を癒すことの出来る人と思われるようになりましょう。

人を支えになる人になるのは、一種のボランティアですが、それが逆に、強さを持つことが強化され、それが自分のためにもなってくるんです。

 

➡人との良い関係を持つために、人間関係のカテゴリーをご覧になって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。