花粉対策に有効な5つの対処方法

花粉症の時期

最近は花粉症は一年中発生するようですが、やはり春の今からが一番ピークのようです。

どうでしょうか?

あなたも花粉症に苦しんでいませんか。

 

花粉に効く食べ物

 

花粉症に効く食べ物には、レンコン、青じそ、緑茶、ヨーグルト、納豆、キノコなど様々なものがあります。緑茶やハーブティーも花粉症改善に効果があるようです。

 

この食べ物が効果あるからといって、一定の食材に偏らずに、普段の食事は、いろんな食材をまんべんなく取り入れたいですね。また、ある食べ物が、花粉改善に役立ったという人もあれば、全く効果がなかったということもあります。

同じ食材でも効果は千差万別なので、他の人の効果のあった情報は参考程度にして、自分にも効くと過信して思わないようにしましょう。

では花粉症時期の花粉対策、出来るだけ花粉を感じないように、どうやって対処していますか?

ここでは5つ考えていきましょう。

 

花粉対策に有効な5つの対処方法

 

1- 外に出る時は、マスクをする

しかも、少しでも花粉を感じないようにしっかりカバーできる花粉症のマスクをする。

 

2- 花粉症用の眼鏡をする

最近は花粉症用の眼鏡もあるので、眼鏡でもしっかりカバーする。

 

3- 窓は閉めておく

空気の喚起のために、気持ちのいい空気を入れたいのでしょうが、花粉を感じる人はつらいものです。特に花粉の飛散が多そうな地域は窓を閉める。それでも適度の喚起は欲しいですね。

 

スギ

4- 外出から帰ってきたら、服についた花粉を落とす

花粉の飛散が付きにくい服の工夫なども必要ですね。冬に大活躍したウール素材などは、花粉を吸い寄せ、家にまで持ってきます。ナイロンやポリエステルなどのスルーとした素材がよいようです。服も工夫が必要ですね。

5- 外出から帰ったら、手洗い、うがいをする

風邪だけじゃなくても、手洗い、うがいをすることは有効です。花粉にはさらに、目を洗う、最近では鼻うがいもやった方が効果的ということが分かってきました。

マスクや眼鏡で花粉を防御しても、なかなか完璧には花粉対策はできませんよね。帰った後のケアで、更に花粉症対策することも大切ですね。

花粉症のひどい友達の家に行ったときは、自分の持ってきた花粉を落とさないように、配慮できるといいですね。最近はPM2.5による大気汚染のために、花粉以上に更なる外出時の対策が必要となってきました。

花粉を感じやすい人、気管支が弱い人は、外出時のマスク、帰った後の手洗い、うがいは、インフルエンザの時期ならず、外せないの3(スリー)防御法ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。