良い印象ー明るさを魅力とする

良い印象ー明るさを魅力とする

明るい人に人は近づく

話していて明るい、穏やかで、前向きな積極的な人といるとさわやかで良い印象を持つでしょう。
何か辛いことがあっても、そこに留まらず、物事を明るい方向へ変えられる人、人に対し好意的な態度を示し、よく話を聴いて明るいながらも癒される人。そんな人に引き寄せられますね。

周りで明るい人だなと思う人を分析してみて下さい。または芸能人や今まで知ってきた人を思い出して見て下さい。明るさがあると、良い印象や温かみを感じますよね。

誰もが多かれ少なかれ同じような大変な辛い経験や思いをします。明るさを維持できる人は、心の中の悪い火をくすぶらせずに、すぐ消滅しようとします。隣の芝は良く見えるのです。あっちの家は明るくていいなあと思っていると、なかなか明るい電灯をつけられません。

良く見える明るさは、燃料を入れて明るさを維持しているのです。そこには人への批判や不満などの腐敗物は入れず、良い燃料を補給して照らしているのでしょう。

でも、明るさが自分の思いと違って、強制的なものを感じるのなら、心の中にある悪いくすぶっている思いがいつか出てしまうかもしれません。悪いものを消滅し、良いものを出せるように、どのようにしたらいいか考えてみて下さい。

外見が明るいのもいいですが、心を明るい方へ持って行くのです。

暗い人は遠ざかる

人は暗い人を避けて行きがちでしょう。友人なら何とか近づいてくれるかもしれませんが、友人でもあまりに消極的な態度を示されると、自己防衛能力が働いて、ちょっと遠ざけたいなあと思ってくるでしょう。

もし辛い思いや折れそうな思いなどがあったら、悩みながら解消できるように考え、一時は友人の力も借りながら、長くそこに踏みとどまらないことです。

家庭環境で明るく育てられなかったという人もいるでしょう。大人になった人ならもう育った環境を克服するようにしないと、同じ連鎖を子どもにも引きずってしまいます。自分も楽しくありません。

明るい光

植物も明るい方向を向く

良い印象を獲得する

明るくじっくりと照らす明かりが、心を癒すように、明るく曇りのない人柄は人を引き寄せます。明るさを持っているほとんどの人は、明るい方向へ向こうと努力しています。本人が気づいてなくても、明るい要素を取り入れようと、考え方や思いを変えています。

今自分はあまり明るさがないなあと感じている人は、難しいと思うかもしれません。でも明るさを培うことは出来ます。暗い考えを持ったらすぐその考えを捨てることです。

自分の小さな明かりを大きくするために明るさを獲得していって下さい。

 

➡良い印象の他の記事、良い印象ー優しい人柄から生まれる もご欄下さい。

➡この記事のような自分を向上する手助けとなる、自己啓発カテゴリー をご覧になって下さい。

➡人との良い関係を持つためには、人間関係のカテゴリーをご覧になって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。