良い印象ー優しい人柄から生まれる

良い印象ー優しい人柄から生まれる

優しいと人とはどういう人?

優しい人は、人から受ける印象が思いやりがあり、温かく愛情があり近づきやすいと思われている人でしょう。あの人優しいなあと思っている人に、自分の心配事や、聴いてほしいことを話すかもしれません。

不公平な態度を持たず、明るく穏やかで、平和な関係を維持できる人は、安心感があり、優しいと感じますね。

反面、人に対して攻撃的で、思慮に欠けた言葉を出して相手を傷つける人はどうでしょうか。自分本位で何かの拍子ですぐカッとなる人は、近づきにくく、必要以外は、当たり障りのない会話で、その人には近づきたくないと思うでしょう。

自分の感情が傷つくことを避けるのは、普通の感情で、自分を攻撃する人は悪い印象と捉えるのは自然な兆候でしょう。

優しい人柄というのは、生まれつきものでしょうか?

子どもの頃からの環境によって造られていくものでしょうか。

小さいころから、そのような優しさを持っていないと、もう優しい人になれないのでしょうか。

優しいと人から感じられるには、優しい人柄を身に着ける

人に接する仕方は、環境によって変わりますが、元々優しさがないと人から評価を受けてる人でも、努力次第で優しい人柄になることはできます。

生まれつき愛想が悪いと思われているからだめだと思う人もいるかもしれませんが、優しい印象を持てるようになった人はたくさんいます。

成長力という本の「人柄は獲得できる」の中にはこんな言葉があります。

人を包み込むような感じのいいイメージは自ら育てられるということだ。私たちの構成する要素のいくつかは、すなわち容姿や基本的な知能やある種の才能などは生まれつきかもしれない。だが内なる特性を最大限活用し、発達させて、人にあこがれを抱かせるようなイメージを身に着ける能力は誰にでもある。

D.カーネギー 成長力より引用

自分の中に不満、不平をもっていると優しさがでない

優しいイメージになっているには、明るい心で、思いやりに満ちた思考と態度が表われているものです。心の中に苦々しさをいつもうずくまっていると、どうしても思考は悪い方へと考えがちです。

先ほどの本の「いつも明るい心でいる」にはこう書いてあります。

だいたいの憎しみや恨みや嫉妬や復讐心は、どれほど隠していようとも、その人間の評判をひどく傷つけずにおられない。彼らはなぜ人気がないのか、嫌われるのか、地域で頼りにされないのか不思議がられるかもしれない。苦々しい、屈折した、周囲となじめない感情があるときは、そういうものが人間的な魅力を抹殺してしまうのだ。

D.カーネギー 成長力より引用

嫌なことは誰でも訪れることです。怒りや嫉妬をすぐ持ち、持ち続けて捨てることが出来なければ、優しいイメージどころか、これからも幸せな思いを持つのが難しくなるでしょう。昔や今も何も楽しめなかったと思ってしまえば、本当に楽しめません。

優しいイメージ

どんな時にも絶やさず笑顔を持つ

よく自己啓発の本には、笑顔を絶やさずと勧めています。わたしがちょっと前に読んだ本では、「どんな時にも絶やさず笑顔を持つ」ということが書いてありました。

どんな時もか、難しいなあーと思ったけど、その心がけをするだけでも、気持ちはプラス方向へ変わります。プラス思考の人の明るい方へ人は集まっていきます。

ちょうど人が暗がりで明るい光の方へ進むようなものです。

ちょっと電気を暗くしちゃったなと思ったら、また明かりをつければいいんです。笑顔という光をするその心がけをするだけで、いつの間にか自分のトレードマークになっているかもしれません。

良い印象を獲得する

良い印象を得るには、相手に対して優しい態度で接することは大切です。優しさは弱さではありません。優しさは明るく親切で温かみがあり、魅力的な人です。

優しい人柄の人は、普通良い印象を得ています。もしあの人は優しい人柄だがちょっとだめという人がいたら、それはその人の心がマイナスの方に向いているかもしれません。気にしないことです。全ての人からの好意は得られません。

自分が得たい特質を一歩ずつでも身に着けて、良い印象を得ている人となって下さい。

 

➡この記事のような自分を向上する手助けとなる、自己啓発カテゴリー をご覧になって下さい。

➡人との良い関係を持つためには、人間関係のカテゴリーをご覧になって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。