失敗、それがあるから成功へと進める

失敗、それがあるから成功へと進める

失敗と思うのは自分

仕事で失敗した時、あの時ああしていれば、ミスはしなかったのに、失敗だ。と思えることがあるでしょう。また違う面では、せっかく転職したが、ここも失敗だった。と自分選んだ選択が思うように行かず、がっかりとしてしまうかもしれません。失敗を肯定すると、ああ、失敗だどうしてこううまく行かないんだと視点が失敗したことに目を向けてしまいがちです。

失敗は人によっては、苦しみを生み出します。一時は苦しんでも仕方ないかもしれませんが、苦しみから出るようにしなければ、自分の失敗がマイナスへと向かってしまいます。

マーフィーの言葉に「失敗は成功の第一歩です。失敗したことを喜びなさい。」という
のがあります。

「失敗したことを喜ぶ」とはなかなか出来ないことですが、失敗を前向きな材料として、自分の糧とすれば、失敗もよいものだと思えるのではないでしょうか。

失敗はより良い進歩への前進

失敗をしたと思っても、立ち直りが早い人もいます。立ち直りが遅い人から見たら、それは単に能天気や楽天家と思われるかもしれません。ただの失敗に気がつかない楽天家だけでしたら、失敗から学ぶことも少ないでしょう。

失敗を失敗と認めて、それを良いものへの変換していけば、失敗したことで良い進歩へ前進していくのではないでしょうか。

失敗してもそこに留まらず前進していくようにすると、失敗を良い面へ変えていくことが出来ます。誰でも大なり小なり失敗するんです。どうしたら、今度は失敗しないか、気がついた点を改善していく、それは実際にミスをしたことや、何かのタイミングの悪さと言った要因あるでしょう。全部改善出来なくても、前より進んだらヨシとします。

あまり自分を失敗の悲劇の中心にいつまでも置かないことです。

サンゴ

気持ちを透き通りサンゴのように洗い流しましょう

成功と思うのも自分

失敗を克服したら、失敗ではなく今度は成功出来るかもしれません。失敗にとらわれると、今度もダメなんじゃないかとマイナス面に考えがちです。自分に対する完璧主義は止めましょう。少しの失敗も認めない、それが自分にも他人にも出てしまったら、自分で自分を苦しめます。

失敗した自分を責め過ぎず、ほっとき過ぎず、前より進んだら成功です。今出来たことを自分で褒め、失敗を成功へ変えたと変換してみましょう。

失敗により、自分が知らなかったことを学べたら、それは知識が加わった成功です。このような失敗による成功の積み重ねにより、失敗にいつまでもとらわれず、成功へと導くことが容易になっていくでしょう。

 

➡この記事のような自分を向上する手助けとなる、自己啓発カテゴリー をご覧になって下さい。

➡人との良い関係を持つためには、人間関係のカテゴリーをご覧になって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。