パソコンからiCloudにログインして、iPhoneの写真をダウンロードする

PCからiCloudにログインしよう

 

写真はiPhoneなどのデバイスにたまっていませんか?

保存容量を使うのは、きれいな画質で手軽に撮れる写真ですよね。

写真がいっぱいでどうしたらいいでしょうか?

一つは、ライトニングケーブルでPCにつないで直接写真をコピーするという手順です。

iTunesで写真を取り込むということもできますね。

確かに、ライトニングケーブルをPCでつなげば、PCから写真はコピーできます。

でもライトニングケーブルなしでも、インターネットアクセスでiCloudの中身を見れるの知っていますか?

ライトニングケーブルなしで

写真だけじゃなく、Appleの色んなAppleのアプリがPCから操作ですます。

こうゆうiPhoneでおなじみのアプリたちです。これはPCからiCloudにログインした後、操作できるアプリたちの一覧です。

 

IiCloud

PCを持っていたら、小さな画面のスマホやタブレットではなく、PCで操作した方が速く処理できます。

PCで出来ることスマホの持ち運び安さを考えて使い分けて下さい。

では、iCloudの操作、今回は写真のダウンロード操作です。

 

iCloud操作方法 -ログイン>写真

パソコンからiCloudにログインする

ブラウザの検索窓にiCloud.comと入力し、PCのEnterキークリックして下さい。

検索窓

すると、iCloudの画面が表示されます。

icloudログイン画面

ここでAppleIDパスワードを入力してください。

そうすると、2ファクタ認証が出るでしょう。

2ファクタ認証

iPhoneなどの同じAppleIDが設定してあるデバイスに、AppleIDのサインイン要求が表示されます。

許可

許可するをクリックして下さい。

確認コード

確認コードが出るので、PCの2ファクタ認証にAppleIDの確認コードを入力するとログインが出来ます。

PC信頼しますか

ログイン後、画面にブラウザを信頼しますか?と表示されます。

信頼するとクリックします。

するとAppleのアプリが表示されます。

icloud内

 

写真をダウンロードしましょう

写真をダウンロードしたいので、写真アイコンをクリックします。

すると自分が撮ったiPhoneなどに保存されている写真が表示されます。

写真ダウンロード

ダウンロードしたい写真を選択して、上の雲マークをクリックします。

フォルダ選ぶ

PCの画面が開くので、ダウンロードしたいフォルダを選んで、保存をクリックします。

そうすると写真がPCへ保存されます。

iPhoneでダウンロードして、もう消してもいいかと思う写真を削除すると容量が空きます。

写真削除方法

削除は右上にあるゴミ箱のようなところから削除できます。

ゴミ箱

+

 

ゴミ箱アイコンをクリックします。

すると下のような警告表示が出ます。

捨てていいですか

削除をクリックすると、iCloudの画面から選択した写真は消えます。

自分が持っているiPhoneやiPadなどのデバイスからも同期され削除されます。

iPhoneなどから消してもいいですが、PCからなら同時作業が出来るので、必要な写真をダウンロード後、削除と操作しながらできます。

 

日々写している子どもの写真、成長期だったらどんどんたまっていきますよね。

また家族で旅行やお出かけをすると、写真がどんどん増えていくのではないでしょうか。

スマホにためるだけためて、いっぱいになりすぎたあとなる前に、インターネットにアクセスして、写真を見ながらPCにしまうというのが簡単に出来るので、試してみて下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。